RN栃々トーク2007

輝ける三十路を目指す為に奮闘する日々の記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

帯広へ

帯広には何度も行ってますが、正月に行くのは初めて。エア割もなく帰省時期なので、チケ
の確保が大変なのだが、2日の行きはそこそこ空きがあり、株主優待を使って何とか安めに
飛ぶ。さすがに、久々の氷点下の寒さは北海道に来たのを実感したけど、天気はよかった。
バスで駅まで出て、そこから直接競馬場へ。

帯広駅 雪は年末29日から降っていなかった様
帯広駅


冬の時期は昼間がしっくりくる帯広競馬場
ばんえい十勝 帯広競馬場



旭川⇒岩見沢⇒北見と記念レースは現地現地で見てきたけど、時期的なものと どうしても
ばんえい記念やチャンプオンC優先で帯広記念だけは後回しになっていたので、この機会に。
この日のレースは初の全国広域場外で気合も入っていたので、その様子も見たかった訳で。

場内はお正月でかなり混んでましたし、実績馬と明け6歳の活きのいい馬との対決って事
でもちょっと注目でしたしね。して、900キロを背負うばんえい記念に次ぐ重量レースの割に
一腰で2Bを登ってしまったボブサップには驚きましたし、全体のタイムも速くて少しイメージ
と違ったけど、ま、見れてよかったですよ。

とにかく、ここの所のボブサップの充実ぶりは目を見張りますな。リーディングジョッキーを
背にして立派なTOPホースの仲間入りです。この世代、エンジュダイヤやウイナーサマー
といった牝馬先行だった感があるけど、カネサブラックやスーパークリントンと共に、やっと
牡馬で引っ張ってくれる様な世代になってきてある意味よかったかなと。カネタマルだけは
すっかり失速してしまいましたが。なかなか、ばんえい古馬重賞も面白くなってきた感じです。

快勝のナリタブボサップ
帯広記念快勝 ナリタボブサップ




で、ばんばと共にこの秋に改正になった道内特急も今回の目当てでして、宿に入る前の
時間を利用して、新得まで出てスーパーとかちに乗る。

‘ニュー’スーパーとかち号



Newキハ261系
スーパーとかち 261系



SPおおぞらほどの振り子ブンブン感ではないんですが、車内も綺麗だし、チルト機構の傾斜
は乗り心地は悪くないですよ。今のところ1日2往復ですが、乗ってみてはいかがでしょう。



宿は北海道ホテルで、お正月ならでは懐石おせちを頂きました。
北海道ホテル 懐石おせち



イチロー特番を見て同世代の今を実感しつつ、風呂に入って就寝。彼も白髪増えたよなあ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。