RN栃々トーク2007

輝ける三十路を目指す為に奮闘する日々の記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヒーロー

北海道ホテルの夜を満喫して、いざこの日は乗り鉄デー。朝食は7時から軽く食べて出発。
帯広から南千歳まで、SPおおぞらに揺られてここで一旦下車で乗り換え。目当ては秋から
札幌-旭川間で新たな名称と共に登場したスーパーカムイだ!一部直通エアポートとして
空港まで来ているので、これに乗る。

新登場!スーパーカムイ


前頭表示部


銀色ベースでどことなくウルトラマンちっくですが、オールドの781系からは生まれ変わった
印象は強い。ライラックとホワイトアローの名前は過去帳入りになってしまったけど、カムイの
名と共にJR北海道の屋台骨を支える主力の特急として、快走して欲しいところですな。


札幌ではお弁当を買ってトンボ帰り。ただし、またおおぞらでは芸がないので臨時のスキー
リゾート特急へ乗る。その名もノースレインボーエクスプレスだ。

ノースレインボーエクスプレス



ハイデッカーと2階建て構造で一部サロンもあり、なかなからしい造りになっている。地階のサロンもあり
車内はこんな感じです



JR北海道のスキーリゾート列車の伝統を引継ぐ気動車で、確かにバブル期やスキー全盛期
に造られた車輌なれどこの車輌は改造ではなく新造である為、なかなか悪くない。未だに冬
のこの時期はトマム・サホロへの脚として南千歳からは団体客が大挙して乗ってきますしね。

ハイデッカーのリドート気動車

お昼は冬限定の天然 寒ブリ弁当。一年ぶりに食うけどやっぱり美味いねえ。鰤だけでなく
周りの食材も豪華な一品で本当にオススメの弁当です。
 
冬の天然 寒ブリ弁当
豪華で美味な食材 



さて、帯広に戻るといい天気のばんえい日和。新生ばんばではSBで頑張るF氏に最近の状況
と昨日の結果などを聞く。お客さんの入りはいいけども、やはり馬場の砂の入替とかしたいと
おしゃってましたな。来季ナイターのロング化と金土日にするのは、やはり場外売上を考える
とこれがモアベターという事みたいで。ちなみに帯広記念は、もっと売れてよかったという事
らしい。で、最後に話題になったのは本日登場のお馬さんの事でした。

ばんえい日和



すっかり夜の帳が下りた十勝ばんえいのコース。メインレースは今年度の新設3レースの最後
天馬賞です。明け5歳限定のレースで、ここに登場するのがマルミシュンキ。6月の柏林賞を
制した辺りでも話題になってたとは思うのですが、半年振りに一叩きして、予想通りここへと
標準を合わせてきたのでした。2年前のチャンピオンCデーに見て以来かな。すっかりと注目
のヒーロー候補になっていましたね。


ゴール 走路正面からの景色



今回はハンデ差もあるし、本当の意味でも今後の試金石になると思っていましたが、初めて
ゴール正面の走路から観戦してみました。2Bをばんば達が越えてくる光景は何とも言えない
ものがありますが、注目の最内マルミはどうやら4番手!さて、どうなる!?
2Bを越えるばんば達



しかし、力強く グングン来ましたよ!!!
マルミ猛追



外枠の馬達との距離感が掴みづらかったですが、しかしキッチリと交わし切った様でした。

これで名実共にスターホースの仲間入り。第1回の天馬賞を制したマルミシュンキです。
第一回天馬賞ウイナー マルミシュンキ



ここまで大事に使って狙ったレースを獲るという方針だったこの馬ですが、1/13のポプラ賞
を軽く叩いて、いよいよ古馬との対決!チャンピオンCに駒を進める様です。昨日書いた様に
6歳世代が強くなってますが、チャンピオンCでは逆にハンデをもらえますし、ヒロインズC組
も混じってとても面白い興味深いカードになる事うけあいでしょう。新生ばんば初年度に新たな
ヒーローが登場してきたには、素直に喜びたいと思います。我らを熱くしてくれたタイソンと同じ
様なステップを踏んできてますが、この古馬との対決は楽しみに待ちたいですね。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。