RN栃々トーク2007

輝ける三十路を目指す為に奮闘する日々の記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カマ祭り

以前にも書きましたが、機関車の引っ張る客車列車は、今度の3月のダイヤ改正で寝台特急
ブルートレインの『急行 銀河』『なは・あかつき』が廃止、『日本海』『北斗星』の1往復づつが
削減という状況をみても、風前の灯をいうのが明白です。で、所謂‘撮り鉄’の方々の興味は
貨物列車へと行っているらしく、しかも貨物列車自体もコンテナ列車か石油タンク列車ばかりの
面白みのない時代になってきてて、勢い興味は先頭を引っ張る電機機関車に向いていると。
それは関東圏で今、国鉄型と呼ばれるオールドタイプの機関車たちが最後の活躍を続けて
いて、なかなかにバリエーションもあって面白い様々な機関車が走っているからの様です。

学休期間やら週末だけでなく平日あたりでも、武蔵野線の各駅や大宮駅、高崎線沿線や
川崎界隈でカメラを持ったり三脚を用意してる連中を、出張途中によく見かけるんですな。


ワタシは乗り鉄派ですが、そんな撮り鉄連中の気持ちはよくわかる。ちょっと武蔵野線で乗換
待ちしてたら、こんな茶色塗装のカマ(機関車の事)にも遭遇できたりするくらいですからね。
少し待っていると、確かにいろんなタイプの機関車が登場して飽きませんでした。

茶ガマ



今は、ネットで目撃情報や内部情報が簡単に手に入り裾野が広がったというのもあるんだと
思いますが、チャンスがいろいろあってどの機関車がくるかという面白さも手伝って、相当数
の人達がこの祭りに参加しているようです。SLブームもこんな感じだったんだろうなという事
を実感できます。何より、この祭りも3月のダイヤ改正までというのが濃厚らしく、一部は廃車
一部は岡山に転属、一部は旅客会社に返却とこれだけ揃うのも最後だからこそという訳です。

関東にいる者としては機会ある毎に、その姿を静かに見届けたいと思います。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。