RN栃々トーク2007

輝ける三十路を目指す為に奮闘する日々の記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

秋津で劇パ

本当にここの所寒くて、昨日も川越の麺待ちで並んでいて心底冷えたので、ゆっくりして様と
思ったのだけど、防寒のアウタージャケットが安くなってるだろうし買いにいくついでに、噂の
秋津のイベントを覗いてみるかと、午後遅くに出てみる。

まずは所沢。西武のチッコイ電機機関車が重連でお出まし待機だ。
西武のチッコイ電機機関車!


彼らはJRとの連絡線を通って、新秋津駅構外の側線へ。
新秋津の側線へ


JR貨物の桃太郎ことEF210機関車が何やら牽引して登場。
JRの桃太郎が牽引で何やら入線


ベールに包まれた先頭車。これは何でしょう?
ベールに包まれた先頭車は何?


そうです!西武の最新型車輌 30000系の初陣が到着という事だったのでした。

西武の最新型車輌 30000系初陣到着!

いや、とにかく凄い人出だったんですよ。何と言ってもテレ朝のテレビクルーもいたし、周辺は
ごった返して 通る人やクルマから、『何があるんですか?』『SL?』『事故でもあったの?』と
度々尋ねられるくらい。ま、9年ぶりの西武の新車って事と、日曜でゆっくりと見れる場所が
東京近郊にあったって事なんかもあって。鉄な方だけでなく周辺の方々や親子連れも多数で。


さて、編成の最後部。先頭同様ベールに包まれてますが何かいますね。車掌さんかな?
最後部に何かいるぞ?車掌さんか?


んっ!?
むむっ!?


我らがレオ君だ!しかも抱ている紫のはコバトンだし!!!
我らがレオだ!しかもコバトンを抱いてるぞ^^


山口県南東の下松市にある日立の工場からはるばると車掌さんの長旅だったんですなあ。
やはり久々の新車という事で意気込みが違ったようです。こんな気配りもあったりで面白い。


てな訳で、機関車の引継ぎです。
機関車の引継ぎです。


向こう側のフェンス沿いにずらっと人垣が並んでいるのが見えるでしょうか?
掘割フェンス越しに人がわんさか!



桃太郎、お疲れ様。こういう各社の車輌を運んでくる貨物列車を甲種列車といいます。
桃太郎おつかれ様!

最近はコレもかなり注目されている被写体の列車ですね。

そして、西武の重連電機と交代。あとは任せろ!あとは西武の重連に任せろ!


さあ、連結だ!
さあ、連結だ!


いざ組成完了、西武の車庫へ出発進行!組成完了、いざ西武の車庫へ出発進行!


この新秋津駅は、こういう車輌の引渡しだけでなくかつては秩父武甲山の石灰石から精製した
セメントの貨物列車をJRに引き継ぐ拠点でもあったのですが、貨物は10年ほど前に廃止。
今では、普段は保線用に細々走っている西武の電機機関車の晴れ舞台という事もあって、
最近は特に注目が集まっているんですな。ただ、この小さな機関車達も まもなく用途廃止
で、最新型の車輌を引く機会が最後の絵になるチャンスという事で、今回のような大きな祭
になった様です。軽い気持ちで見に来ましたがゆうに100人を越える人垣に驚かされましたよ。
日暮れまでの約2時間余りのショーでしたが、寒い中、いい機会に見れておいてよかったです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。