RN栃々トーク2007

輝ける三十路を目指す為に奮闘する日々の記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

パ・リーグ開幕!

なんだかんだで、もうシーズンインなんだよね。

祝日が木曜というのも久々な気がするけど、そのおかげで飛び石の開幕カード。開幕日が注目に
なる日程はパ・リーグならではよかったかと。西武ドームも去年の2万2千から2万7千の観客と、
あいにくの雨の中でも、新生ライオンズの開幕に注目が集まったのはよかったんじゃないでしょうか。

今年の大きな変更点は、今までフリーに近かったチケットや会員証のチェックが当日1回という点
での厳密化が図られたという部分と、どうも列の作り方をロッテ方面に習ったらしく妙なロープ張り
とか、当日ほぼ全員に配る数のあったタオルマフラーをわざわざ入場口とは別の場所で、この雨
の中で並ばせたりと、首をかしげる運営が目に付いてはっきりいいってフロントにはイマイチ期待
できない予感がそこかしこに見えたのだが、球場施設自体の改善傾向は評価していきましょう。
大きな部分では、そろそろ座席自体の更新も必要な気がするんだけどね。トイレが内野メイン場所
についても綺麗になったのはいい事で。そうそう、カブレラ地蔵はちゃんと撤去されてお蔵入り(笑)


試合はねえ、よくよく考えると涌井はよく投げていたし、それ以上にオリの金子ってピッチャーも
連打を許さずよかったし投手戦だったと言えて、結果 決勝点は犠牲フライだったので獅子の負け
も仕方ないかな?と言えそうなんだけど、大問題が改善されたいなかったのは非常に大きな不安
として言及せざるを得ないわ。

結果、その時は得点にならなかったとはいえ序盤でワンナウト1塁での何でもないショートゴロ。
楽勝ゲッツーでスリーアウトってのを、ボールが投げなれない。それから、7回裏のコチラが送り
バントを結果失敗してゲッツーに潰された直後の8回表の相手の攻撃。やはりノーアウト一塁で
相手が送りバント。こちらもと涌井が2塁に送球もちょっとショートバウンド。だけど、タイミングは
アウトなのに取れないショート。これが最終的に犠牲フライに繋がったという事で、内野の重要な
ポジションであるショートが、守備面で全く進歩が見えないばかりか今年もこれでは守りの野球
というのは絵に描いたモチになってしまう。

ハムは審判とさすがのダルで勝ったという所で貧打は変わらず、楽天はせっかくいいペースも
最後のクローザーの問題がいきなり露呈、と他のチームも初戦から早くも想定のウィークポイントが
浮かびあがっているけど、西武はここをどうにかしないと明らかに勝敗に響くのは間違いない。
他の部分はモチベーションという部分も含めて、ある程度というより実はかなり期待できるだけに
ここを放置すると、結果が大きく違ってきてしまう気がする。もう、目をつぶっていい問題ではないと
ファンは思っているのだから、何とかして欲しいものだ。


いずれにしても混戦のパ・リーグは全体で見ていきたい。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。